ソニーはどうするのか

なぜソニーだけが復活できないのか?

同社が今後、業績を回復させるためには、他社と同様、部門ごとにコスト削減を徹底し、小さな利益を積み上げていくことが重要となります。

目玉商品でバクチを打つのはやめて、こぢんまりと稼ぐべきだ、という趣旨なんだろうけど、そんな会社、他にいっぱいあるじゃん、と思っちゃう。

むしろ問題は、バクチがものすごく中途半端になってるってことだろうと思います。

ソニーとかシャープはでかいバクチを打って成長してきた面が少なからずあるはずで、それが会社がでかくなるとお役所的になって、マーケティングがどうとかコストがどうとかが先行したりして、企画・開発がつまらんものになっているんじゃないかなぁと推測してます。

趣味人が少なくなって、日本的サラリーマンが増えてる、って気がします。

日本企業が全般的に高齢化・硬直化してて、保守的・お役所的で優秀な技術者が出世して凡庸な管理者に成り下がるケースが多く、若手がどんどん潰されて、ダメな管理者を指向してしまっている気がします。ここは一つ、ソニーとかシャープとかはもっと変なモノに特化して欲しい、と願ってます。
(シャープがいつの間にか入ってしまいました)

あとは今どき、ハード+ソフト(というかネットワークサービス)がちゃんとしてないと売れないわけですが、特にソフト面が日本のメーカーは弱いので、この分野にちゃんと投資して、外注や派遣に頼ってばかりじゃなく人材育成とかもちゃんとして欲しいと思います。

事業にとってすごく重要なはずのネットワークサービスを外注にぶん投げたり派遣を大量に雇ってやっつけてるような話を聞くにつけ(ソニー、シャープがそうなのかどうなのかは知りませんが)、あるいは2年とか3年でサービス終了してみたりするのを見るにつけ、それじゃアマゾンやアップルには太刀打ちできんだろうと思ったりして、悲しくなってるわけです。まあ私なんかは外注の立場なんでお前が言ってどうするよ?なんですけど。