パクる人2

以前にXO: パクる人ってエントリーで,オープンソースのソフトウェアをほぼそのまんま自分のソフトとして公開する人に「なんなんだ」って突っ込んだけど,最近(ま,ちょっと前だけど)iPhone SDKのサンプルコードをそのまま公開している人がいて,なんなんだと。

それは「Metronome」「Crash Landing」などを公開しているMarketWall.comという人(会社か)。

SDKをダウンロードした人なら,同じく公開されている水平器も思い当たるはず(こっちは見た感じ,相当改悪されてそうなので問題なさそうだけど。要は,MetronomeもCrash LandingもA Free Level[=BubbleLevel]もSDKに入ってて,App Storeで公開される前から知ってるわけで)。

Metronomeで思ったのは


  • それでも一般ユーザからの評価は高い

  • つーことは,Appleのサンプル自体はよくできている

  • メトロノームは色々出てて,もちろん,このサンプルをベースもしくは参考に作られたと思われるんだけど,一般ユーザはベースとなったMetronomeを知らない

  • Apple自体が公開しておいても良いのでは?


あたり。

SDKのサンプルが単に公開されてるってだけでなくて,ちゃんとAppleのレビューを経てApp Storeに並んでいるっていうのが,すごく不思議。

確かに以前ワタシが翻訳した「Appleのサンプルプログラムに付いているライセンス条項(和訳)」と同じ条項がついているので,ちょっと変えて再配布するのには「Apple」の名前を出さなくていいんだけど。

好意的に解釈すれば


  • AppleがMetronomeを公開しないのであれば,俺が公開してやる

  • でもApp Storeに並べるには,最低でもApp Store配布用のProfileをかます必要があり,そうするためには,自分のプロファイルをプロジェクトファイルに追加する(そのままでは配布できない)

  • 改変がなければむしろApple Softwareだと明記できるが,多少なりとも改変する以上,Appleの許可なく配布はできない


じゃ,しょうがないのかね,となるけどね。