フィルタさらに強化しました

いやー,そろそろ限界かなと思った。さすがに。今回は。

例によってアルファベットのみとかいう感じで,内容によらずブロックなんで,非常に申し訳ないんだけどね。実際内容を見てどうこうしようとすると,メールと同様,とにかく継続して進化し続けるフィルタがないといかんし,それでもすり抜けは防げない。
トラックバック元の記事にトラックバック先のURLがあるかどうかなんていうのは,それこそ,そういう対策をしているところが少ないから効くだけであって,それが一般的になればスパマーも対策するだけ。

なんにせよ,うちのいまのサーバの場合,通常に投稿するときもタイムアウトしちゃうぐらいで,スパムトラックバックを受けても,実質はインデックスページにリンクが載るぐらいで,個々のアーカイブのビルドまでたどりつけない。

インデックスページは一定期間分しか載せないので,むしろ,たまにすり抜けられてインデックスページから記事が消えると,そろそろ書くかという気がする,という効果もあったりする。

結局のところ,一昔前にメールで出していたリンク依頼が,トラックバックのような定形フォーマットで来るだけで,そのあと手でリンク(承認)するというのは同じ,みたいな時代だね。
(デフォルトがallowかdenyかの違いといってしまえばそれまでだけど)

もちろん,手でリンクするより,「承認」という感じで,あんまり手間をかけずにリンクできれば,特に気を遣うのが苦手な人たちにとっては,トラックバックする方もされる方も,とても助かるんだけど。

ところで,アルファベット以外の文字もフィルタに追加する,っていうことで,文字コードをどうやって調べようかと思ったけど,なんのことはなかった。自作のURI Escapeを使って調べればよいだけの話だった。
URI EscapeはMacOS Xでしか動かないけど,フリーなので,もしよければどぞ。