シェアウェア?アフィリエイト?

話題の「特定商取引に関する法律」の件でもあったように,シェアウェア作者には「商売としてソフトウェアを販売している」というスタンスではない人がいる。

そんでもって,商売でないつもりの人が,商売だと思っている人から「それ商売としてどうなの?」と言われると,ビックリして焦る,という結果になる。

アフィリエイトも,ある程度市場ができあがってきて,収入も上がりつつある今,そういうケースが出てくる可能性を持っている。

はてなは,要はシェアウェア作者の会社なんじゃないかと思う。まだまだ「商売としてやってる」という感じじゃないんじゃないかな。まずはサービスというか機能の実装が楽しい状態。

いつかは突き抜けてくれることを期待して。