ネットワークがあれば,記録媒体は要らない,のか?

「ネットワークがあれば,記録媒体は要らない」――ソニーが語る「次世代ウォークマン」

ただし,障壁はあります。「コンテンツをアーカイブしたい」というユーザーの心理をいかに取り除くかということです。例えばHDD付きDVDレコーダーを使っていると,HDDに保存しておくだけで十分な場合でも,意味もなくDVDに複製したくなる。目に見える形で自分の手元に残っていないと不安なんですね。

ぬー。

わたしが思うには,「コンテンツはアーカイブするもの」。アーカイブすること,できることで,コンテンツの価値が高まったのは間違いない。

問題は,アーカイブにいくらかかるか,保管にいくらかかるか,アーカイブの手間(時間も含む)と取り出す手間でしょ。

HDDよりDVDのほうが,テンポラリとしても長期保存用としても信頼性が高い以上,HDDでOKというふうにはならないんでは?

かつ,仮にネットワークから都度コンテンツを取り出すという仕組みができたとしても,それが商業ベースで行なわれている以上は,採算の合わないコンテンツもあれば,商業的に失敗して撤退するサービスというのも出てくる。「コンテンツをアーカイブしたいというユーザの心理をいかに取り除くか」とか言っている時点で何か違和感を感じますな。