話題の「特定商取引に関する法律」の件

ずっと前に関根さんとこにも来てた例の匿名恐喝メール(言い過ぎか)が,別の作者のとこにも行って,その作者の方はソフトウェアの公開を中断した,という話。関根さんのほうは逆に,表示をする方向で対応した,ってのを前回の飲み会で聞いた。

この問題の根っこって,一言でいうと「気にいらねぇの応酬」なんだよね。

起こりのほうも「払いたくねぇ」「ふざけんな」みたいな感じで始まってるし(そもそも「Macのオンラインソフトってクソみたいなのでもシェアウェアじゃん,フリーにしろバカ」みたいなスタートだしね),で,指摘している「特定商取引に関する法律」の遵守自体はいいんだけど,やり方が匿名メール。
指摘される側もカチンと来るという寸法で。

ワタシとしては,やはりそろそろオンラインソフトにも「消費者保護」という視点が出てきてしかるべき時代になってきたのだと思う。いつだったか,Windows版のソフトで「メモリ最適化」だったかなんだったかをふれこむ,「変数の中身をスワップするループがあるだけのソフト」(だったと思う)っていうのが話題になったことがあった。
オンラインソフトが「作者が自分のために作った結構便利なソフト」だけじゃなくなってきてる。今まで結構自由にやってきたオンラインソフト作者にしたら「なんだかなぁ」なんだけど。これは,もうこの仕組みを使う人の数が増えてきた以上,しょうがない。

「特定商取引に関する法律」の目的は,要は「変なもんを売りつけられても(あるいは思わず買っちゃっても),消費者がそれを返せるようにする」ってことだと思う。現実的には,ソフトウェアって,きちんとした店できちんとしたメーカー(マイクロソフトとかね)のソフトウェアを買ったとしても,変な使用許諾契約になってるんだけど。

いま,ノートンシステムワークスの使用許諾を見たら(まあ普段読まないんで…)「媒体の瑕疵のみ保証します。ソフトウェアがお客様の要望にかなうものであること,操作に障害が発生しないこと,ソフトウェアの内容に誤りがないことを保証するものではありません」って書いてあって,ちとビックリ。GPLかよ!って思わずツッコミ。

こっちのほうが大問題のような気もするけど…。

ともかく,ベクターなんかと共同で,なんらかの返金ルートを確立していく必要があるんじゃないかなと(ベクターから作者に返金を求めるルートを作るほか,作者がトンズラこく場合のリスクもベクターが負うとなると料金体系の見直しや,作者ごとの信用格付けなんかも必要かも知れず,なかなか大変だとは思うけど)