新製品をもっと出す?

PowerBookG4の新しいヤツが出たことについて。

Macユーザは「ちょっとしか変わってないじゃん!」って言うことが多いんだけど,ワタシはちょっとしか違わなくてもよいから定期的に新製品を出していった方がよいと思う。

3ヵ月なら3ヵ月って決めて,そのスケジュールに沿って出す。ちょっとしか違わなくていいの。

こうすると,消費者側としては欲しいときに旬のスペックのヤツが買えるわけで,3ヵ月後に新製品が出てもそんなにショック受けない。どうせ3ヵ月待って買ったところで,その3ヵ月後にはまた新しいヤツが出るんだし。

しかし,実はもっと重要なことがある。

こまめに新製品を出すことで,新製品期待の買い控えによる消費のムラをなくせることと,需要予測の精度を上げることが可能であるということ。
Appleの製品は(いいかどうか分からないけど)代替品がないので,Appleの供給能力がそのまま市場を左右しちゃう。で,Appleの生産能力や需要予測能力って,簡単に言うとヘッポコピーなので,なるべく1つの機種に需要を集めないことと,また同時に1つの時期に需要を集めないことが重要。
G5 2GHzDualなんてのは,こういう意味で最低。1.8GHz Dual,1.8GHz Singleとかって感じで滑らかにラインナップ作らないと,需要が偏っちゃうよね。

もちろん,新製品出したとたんに旧製品が値崩れするってことになると,結局誰も新製品買わないので,在庫のコントロールが非常に重要。

Macユーザが増えてないとしたらこういう手を打ってもダメなのかも,って気もするけど,買おうと思ったときにいい製品がなくて,別のもの買っちゃったとかってケースも相当あるだろうから,こういうことすればキャッシュフローは改善するんじゃないかなと。

なんか,できそうでできなさそう。