公的サービスのあり方

ってことで「Microsoftの販促企画に成り下がった「公的個人認証サービス」」の続き。

ワタシの結論を先に言っちゃうと,オープンソースなソフトウェアを開発する公的機関がそろそろ必要になるんかも?ですな。
公的機関が開発したソフトウェアをオープンソースにする,じゃなくて,どちらかというと,ソフトウェアを開発するだけの公的機関があって,そこが開発したものはすべてオープンソース,というイメージ。

この記事の言ってることはごもっとも。オープンな方向でやんないと,新機器が出るにつれ,使えない人が出てきちゃう。

で,いまなんでWindowsでしか動かないかというと,そりゃWindowsの機能を使っているからだ。
WindowsのSmartCardまわりのAPI使って,Windowsの認証周りのAPI使ってりゃ,そりゃぁMacやLinuxには対応できない。

オープンな方向でやるっていう場合,ドライバ周りや認証周りの,いわばコア部分だけは少なくともオープンでやらないと意味がない。ユーザインターフェイスなんかは,別にオープンな技術,例えばJava,じゃなくてもいいんだよね。APIさえあれば,比較的楽だし,機器ごとに異なるインターフェイスが必要となるケースもあるから。

で,そのときのAPIがオープンということは,例えばMicrosoftが作ったAPIは使わずに,別途新しいAPI群を作ってそっちを使いましょう,ってこと。
そうなると,MicrosoftのAPIだけに対応した機器よりは公的サービス用オープンAPIに対応した機器の方が多くなるだろうから,MicrosoftとしてはオープンAPIと競合するような部分に力を入れても製品のセールスポイントにはならなくなる。

公的サービスがオープンなAPIを使うようになると,競合するようなAPIを他の団体が作る意味がすんごく減る。それでいてオープンなんで,移植の手間はあるものの,一から作るよりはそのAPIを新機器に持っていきやすい。

MacOS XのSmartCard周りはどうなってるかっていうと,なんとLinux由来のpcscdというのが搭載されている(試しにman pcscdを実行してみるといい)。起動はしてないみたいだけど(もしかしたらなんかのタイミングで自動起動するのかも)。
もしMacOS X用の公的認証サービスというのが出るとすると,ことSmartCard周りだけに関して言えばLinuxにも比較的楽に持っていける可能性が高い。

で,こういうpcscdみたいなのを公的機関が開発しはじめると,車輪の再発明というより4輪それぞれを別々に発明してしかも径がバラバラ,みたいなことがなくて済むでしょ。税金の使い道としては非常に正しい気がする。