ウィルスとかスパムの話

たぶん2004年3月ってのはウィルスの歴史にとって一大転換期として記録されるんだろうなぁと、最近つくづく思う。

NetskyやらBeagleなんて、亜種がQとかUとか(つまり20種類ぐらい)ものすごい勢いで増えてて、ウィルス対策ソフトベンダーの提供するウィルスパターンなんかも追いつかない状態。
(この2種類はどっかにソースコードが公開されてんのかという気がする)

ウェブサーバのほうにもSEARCH /?x90?x02…から始まる32Kバイトのリクエストを投げてくるやつがここ1〜2日でちょこちょこ増えた。IISのWebDAV関係の脆弱性を突くんじゃないかと言われてるらしい。

サーバ同士で感染するワームという見方もできるが、IP逆引きで名前が取れないところからのアクセスが多いんで、なんか攻撃ツールが開発されたんちゃうかという気がする。

もうね、世の中総攻撃状態。スパムもね、いい加減しゃれにならない量になってるんで今年がターニングポイントになるでしょ。てゆうか、ターニングポイントになって欲しい。

ノーガード戦法というのも一時期話題になってたけど、賠償相手を捕まえられるだけの腕と根性と時間と金があるのかと。

ワタシにはどれもない(笑)