Software Updateに失敗したとき

iBookがこないだのSoftware Update(Security Update 2004-01-26)に失敗した。

なんでかはよく分からないけど、夜中に開始したあと、朝になっても終わってなかったので強制終了。
ソフトウェア・アップデートを再実行すると、「未インストール。ダウンロード済み」という状態になるんだけど、インストールボタンを押してもやっぱり途中で止まっちゃう。

で、このダウンロード済みってのはなんなんだということで探すと、/Library/Caches/com.apple.SoftwareUpdate/の下のずっと奥の方にSecurityUpd2004-01-26Jag.tarってのが見つかった。

じゃぁこれを削除するとどうなるかっていうことで(実際には移動しただけなんだけど)、再実行してみるとやっぱり「ダウンロード済み」ってことになっちゃう。

このtarアーカイブもtar tvfとかしてみる限りはおかしくないんだけど、実際どうなんだと。

結局ね、アップルのサポートページからパッケージをダウンロードしてインストールしたら無事インストールできた。
あれっていつ誰が使うんかなと思ってたけど、実は、「こういうとき」に「ワタシ」が使うことが判明。

改めて確認すると、どうもサポートページからダウンロードしたやつとソフトウェア・アップデートで取得したやつってのは全く同じように見えるんだけどなぁ。