Renamerのバグ

Renamerのバグは、内部的にGetResourceとReleaseResourceの回数を数えているモジュールがあって、その回数があっていない、というものであった。
アバウト画面を表示するとMacsBugにUserBreakで落ちてしまう。

コードからいうと、GetResourceでなくて、GetPictureでPICTを読み込んでいるハンドルに対して、ReleaseResourceしてしまっていたのが原因。

これだと回数があわない。

いちおうGetPicture(resID)=GetResource('PICT', resID)ってAppleのドキュメントに書いてあるのを確認して、GetPictureをやめてGetResourceするという、ちと変な方向への修正を行ない、浅利さんに再度メール。

そだそだ、アップロード前に履歴ファイルと説明書を修正しよう、って思い立つ。

もともとのファイルはSimpleTextの書類。ところがTextEditではSimpleText形式(というか'TEXT'形式)のスタイル付きテキストが書き出せず、RTFになってしまうことが判明。
Developer Tools CDにSimpleTextのProject Builder版(Carbon)のソースがあったなと思い、ビルドしてみるがClassic環境とフォントが違うのか、文字化けする。

Classic版のSimpleTextを起動するが、MacOS Xでは'ttro'(TeachText ReadOnly、と言われている)形式のファイルと'TEXT'形式のファイルが同じアイコンで表示されるため、編集できない理由が分からずちょっと悩む。
Renamerを使って(笑)'ttro'から'TEXT'に変換して、やっと編集可能になる。