ディスク自体は復活

ディスクはNorton先生のご尽力のおかげで、なんとかマウントするところまでこぎつけた。

ところがマウントを乗り越えたあとも「重大なエラー」が修復できずに残っていた。何度「修復」を実行しても、「重大なエラー」がなくならない。

あちゃちゃiBook初のディスク再フォーマットかよ…。
なんかHFSPlusになってからこういうことが多いような気がする。前のPerformaもHFSPlusにしていたのを途中でHFSに戻したし(そして同じファイルなのにディスク使用量がむちゃくちゃ増えて悲しい思いをした)。

まあそれに先だってバックアップをしようかな、と思ったとき、MacOS Xになって設定ファイルも通常書類もすべてホーム以下にあるってところが便利やん、と気づいた。
いや別に便利ちゃうか。いややっぱ便利かな。
結局、MacOS 9までは設定ファイルをどこに作っても良かったんだよな。いちおうシステムフォルダの初期設定フォルダの中に作りなさいと言うことではあったんだけど。
ところがMacOS Xでは権限が足りなくて書き込めないフォルダがある。どうしてもホームの下に書かざるを得ない。

そんなこんなで、とりあえずホーム以下のみネットワーク経由でPerformaにバックアップ。
MacOS 9はCDから起動してもAppleShareを使える状態になっているってところは少し感心(その前からできた?)
これってWindowsにはマネしにくいだろね(できるのかな)。
ハードが限られているMacだからできる技で、どんなハードウェアがあるか分からないWindowsではちょっと対応が難しい。

そのあと、10.2のインストールCDを引っ張り出してきて、ハードディスクの初期化オプションを選び、2分ほどためらってから「続行」ボタンを押す。

何かが失われたような気がしないでもないが、仕方ない。
どうせ気が付くのは今日じゃないし。

良かったのか?
ほんとに良かったのか?

続く…。