再フォーマット&再インストール

さすがにフォーマットしていろんなものを再インストールすると、ディスクの空き容量が増える。
インストールはしたものの、やっぱり不要っていうものもかなりあったに違いない(インストールしたことすら忘れていた「Word TestDrive」とか)。

ダブっていたフォントとかも整理。

MacOS Xになって、フォントの場所が/System/Library/Fonts
/Library/Fonts
/Users/username/Library/Fonts

さらにClassic環境のフォントも入れると4箇所に分散するようになった。
分散するってことはそれなりのツールで管理する必要があると思うのだが、MacOS X標準のフォントインストーラあるいは管理プログラムというのがない(知らないだけ?)。

いろいろWebで検索してフリーウェアやシェアウェアを探し、ちょろっと使いつつフォントを整理。
昔買ったプリンタとか、WordPerfectとかについていたフォントがそのまま使えるのは感心。

ちなみにMS ゴシックとかも入れた。
Osaka-等幅がいいかMS ゴシックがよいかは好みが分かれるところ。

bashとEmacsもインストールした。

CodeWarrior User MLに飯森さんから「MacOS Xは素のUnixじゃないから、システムコールを直に呼ぶとファイルシステムに不整合が生じる可能性がある」というような、気になる発言があった。

確かに、リソースフォークは.DS_Storeとかに入ってそうだし、rmを使ってデータフォークだけ消すとか、なんかすごいことになりそうな気もする。Finder用のフラグとUnixファイルのパーミッションとか不整合がめちゃくちゃ発生しそうだし。

それが原因で今回の再フォーマットに至ったのだとしたらヤな感じだ。