日本に、日本人に、戦争は防げるのか

直接日本を攻撃されてしまっては仕方ないんですが、そうでない場合、戦争を防げるのでしょうか。

アメリカは攻撃されなくても口実を作って攻撃する国なんですが、そこに引きずられないような歯止めを日本はどこかで効かせられるのでしょうか。

日本は、憲法があってないような国で、国民に主権があるとか憲法は最高法規だとか謳ってる割には、裁判所は「高度な政治性」があると違憲かどうか判断しませんし、仮に違憲判決が出ても是正はしないで済むという、普通に考えたら法治国家とは言えない状態なわけです。

明治維新以降の日本の歴史を見ると、どうしても「知識人たちの諦め」の歴史のように感じます。 筋が通せないというか。最初は抗議するんですが、多くの人を巻き込めずに諦めてしまう。 民衆がついてこない、というのが理由ではないかと思います。一瞬ついてくるけどすぐ飽きてしまう。

いま、平和憲法だ、と言っていて、確かに70年間戦争はしてこなかったのですが、これは日本人の力ではないんじゃないかと思っています。憲法のおかげでもない。運が良かっただけなのではないかと。湾岸戦争のとき、仮に自衛隊が参戦する、という方針を政府が出したとして、止められたのだろうか。反対デモなんかで止められたのだろうかと。

一時的には、野党が内閣不信任決議案とか出して「防いだったわ」のようになるのかも知れませんが、PKOのときも結局一瞬だけ盛り上がって、後はもう忘れてしまっています。 湾岸戦争で自衛隊を出す、出す瞬間強行採決してしまえば、そのあと野党が不信任決議して解散総選挙となっても、派兵実績が残って2、3年も経てばなし崩しになっていたような気がするのです。格好良いこと言う政治家であれば、下手したら政権すら維持できてしまうかも知れない。湾岸戦争の頃は日本の政治もグダグダだったので幸いでした。

集団的自衛権とか憲法改正とかいう話の前に、憲法に強い力がない現状でどうやって暴走を止めるのか、止める力が現在ないのだとしたら、どうやって身につけていくのか、考える必要があると思います。