安全保障関連法案の件

ここに来てグダグダ感が出てきています。 丁寧に議論していきたい、みたいなことを言う場合は、たいていろくに議論しない気がします。

第二次安倍内閣が出来てから、色々なことがうまくはまってきてたように見えますが、ことこの問題に関してはブレーンと安倍総理との間で齟齬が解消できていないんだろうなと思います。

原発の問題でもそうですが、問題の本質に関する議論が深まる前に様々な「ごまかし」のせいで不信感が高まってしまい、最後は「あいつはけしからん」「お前は嘘つきだ」というような好き嫌いの話にしかなっていません。

「憲法で制限されているからそういうことにはならない」とか言うのも、ついこないだまで「集団的自衛権は憲法が認めていない」とか言ってたのをひっくり返しているので信用できませんし。

野党が本当に集団的自衛権阻止とか狙っているんだとしたら、先日の解散総選挙のときに「憲法改正の国民投票をします。我々は憲法改正に反対ですし、集団的自衛権の行使も反対です。ただ、もし自民党が政権を取っても国民投票の実施自体には賛成します。その代わり国民投票で改正が否決されれば、集団的自衛権の行使も否決されたものとみなしましょう」とか言えば良かったのに、と思います。

私は憲法改正には賛成です。とにかく「自衛隊は軍隊ではない」「武力の保持は憲法で禁止されているが、自衛権のための武力はOK」とかの欺瞞は止した方が良い。

守られないルールがあることは、ルールがないことより良くないと思います。

もっとちゃんと説明して、議論して、実態にそぐわないルールは適宜改正して、ってやらないと。